一陸特でできること

第一級陸上特殊無線技士とはどんな資格?

第一級陸上特殊無線技士資格は、総務省が定める無線従事者の国家資格で、無線局における技術的な操作が発生する際は必ず有資格者が行わなければならない業務独占型の資格です。

特に無線局や基地局の管理には必ず必要となる資格で、近年のスマートフォンの普及などに象徴される移動体通信技術の進歩と急速な普及に伴い、非常に需要が高まっている資格の一つです。

一陸特に認められた業務範囲

まず、第三級陸上特殊無線技士資格で認められている陸上移動系の無線局(警察無線・消防無線・鉄道無線・タクシー無線などの基地局、陸上移動局、携帯局)の技術操作が認められます。

また、第二級陸上特殊無線技士で認められているVSAT(衛星通信超小型地球局、HUB局)、陸上レーダーの技術操作はもちろんのこと、それに加えて一陸特では多重無線設備を使用した固定局の技術操作も可能となります。

 

携帯電話を含めた無線技術は、私たちの生活に深く浸透した大切な情報インフラの一つです。

誰もが自由に電波を飛ばせてしまうと、すでに送受信されている無線に悪影響があるばかりか、既存の基地局や無線局の装置に損壊を与え、情報インフラが一時的に停止してしまうことにもなりかねません。

 

そうした背景から、電波を適正に扱える知識を持った人にのみ技術操作を認めるよう定めた国家資格が、この一陸特をはじめとした無線従事者資格と呼ばれる資格群のことです。

一陸特保持者が活躍できるステージ

・陸上移動系無線局(警察無線・消防無線・鉄道無線・タクシー無線などの基地局等)

・各種携帯電話関連会社

・VSAT(衛生通信超小型地球局・HUB局)

・テレビ局(中継局等)

・陸上のレーダー(自治体等)

・多重無線設備を使用した固定局(自治体防災無線局等)

・登録点検事業者の点検員、登録点検事業者制度に基づく無線設備等(航空局・航空機局・海岸局及び船舶局以外のものに限る)の点検。